« 多峰主山で足慣らし | トップページ | 「セックス嫌いな若者たち (メディアファクトリー新書)」を読了 »

飯能市議選にまつわる出来事

飯能市議選の候補者から選挙はがきがきた。選挙はがきが来ることはあまり珍しくもないのだが、今回のは、それはないだろうと思ったのでちょこっとかいておく。

一昨年、公民館を有料化するという提案がなされ、市民の反対が非常に強く、飯能市も有料化には踏み切れなかった。その後、公民館の設置条例が改正され、原則有料化とされたものの、当面は無償とする対応となっている。まあ、市としてはいつでも有料化に踏み切れるようにしたということだろう。

その直後から飯能駅で公民館有料化反対の署名を集めているおじさんがいた。もしかして売名行為かなとか、選挙に出るつもりだろうかとか思ったが、署名の内容そのものには賛成であったので署名をした。まさか、署名を選挙活動に直接使わないだろうと思ったからである。

もちろん、名前なんぞ知らなかった。しかし、今回、名前を知ることができた。「こむろひろし」とおっしゃるそうである。選挙はがきに書いてあったからである。

こういうはがきが来ると誰の紹介かなと考えるのだが、今回は詮索をする必要もなかった。はがきの冒頭に「先般、飯能駅にて公民館有料化反対の署名をしてくださった方へ」と書いてあるからである。

「こむろ」さんが何者か、主義主張もふくめて私には論評する情報はないが、市に提出する署名の情報を使って選挙活動はないだろうとおもう。しかも、それを悪びれずに公表するというのはいかがなものか。

私の名前と住所はプリンタで印刷されたものだったので、署名をしてもらったら毎日、パソコンに連絡先を打ち込んでいたのかなと思うとちょっと信じられない気持ち。

« 多峰主山で足慣らし | トップページ | 「セックス嫌いな若者たち (メディアファクトリー新書)」を読了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯能市議選にまつわる出来事:

« 多峰主山で足慣らし | トップページ | 「セックス嫌いな若者たち (メディアファクトリー新書)」を読了 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon