« 友人の結婚式 | トップページ | 寝不足のせいか頭が痛い »

維新の正体見たりですな

お友達に教えてもらった。

高校で性行為、出産というのは懐古調の彼らの価値観と相容れるのだろうか。若年出生率が高い理由はいろいろとあるだろうが、事実婚の多さや婚前の性交渉が普通に行われていることと無縁ではないと思う(もちろん性行為に励む元気があるうちに帰宅できる人間らしい労働条件も)。男女が真に対等という前提ならば、成熟した男女間の恋愛が性交渉に発展するのは自然なことで、子どもを欲しいと考えるも当然と思うのだが、「維新」といいながら極めて懐古調の彼らの価値観とあうのだろうか。

そもそも、子育てを市場化して出生率が上がった国など無い。子育てにお金をかけるようになったこと、事実婚、法律婚にある差別をなくしたことも大きい。保育も公的支援があるから利用できるのであって、そうでなければ利用できないという人はいっぱい出てくるだろう。

こういう仰天政策が維新八策に含意されているとしったら世間の人はどう思うだろうか。

リンク: 【維新!討論会要旨】(3)人口減少「高校で子供産んだ人にお金とか」(15:00~16:00)(5/5ページ) - MSN産経west.

 堺屋氏「(出生率が高い国の理由は)子育てを市場化したから。ベビーシッターがいつでも来てくれる。それと若年出産率が高いからだ。だから若年出産率が高くなるような施策をとればいい。例えば高校で子供を産んだ人に校長がお金を配るとか。そういうことを家庭の問題などと合わせて議論してもらいたい」

« 友人の結婚式 | トップページ | 寝不足のせいか頭が痛い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 維新の正体見たりですな:

« 友人の結婚式 | トップページ | 寝不足のせいか頭が痛い »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon