« 眠い | トップページ | 飯能市議が公選法違反で書類送検 »

出生率がもっと上昇すると良いのだけど

少し明るいニュースかな。高齢化はあんまり問題ではないけれど、少子化は将来的に深刻な問題となるのでなんとか解消をしなくてはと思うのである。

第二次ベビーブーム世代の我々が出産子育てをあまりしていないことも少子化の原因の一つだが、まわりを見るとなかなか期待薄だなあと思うことしきりである。

リンク: 出生率1・39前後に 前年から横ばい/主要ニュース/社会総合/デイリースポーツonline.

出生率1・39前後に 前年から横ばい  女性1人が生涯に生む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が、2011年は前年と同程度の1・39前後になることが5日、厚生労働省のまとめで分かった。近く公表する。05年を底に上昇傾向が続いていたが、回復ペースが鈍くなった形だ。

 合計特殊出生率は05年に過去最低の1・26に低下したが、晩婚化を背景にした30代の出産が増え続けたことや、20代の出生率が下げ止まりつつあることなどから上向きとなり、08年には1・37に急回復した。

 その後、回復のペースは鈍り、09年は横ばい、10年はわずかに上昇し1・39となっていた。


« 眠い | トップページ | 飯能市議が公選法違反で書類送検 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出生率がもっと上昇すると良いのだけど:

« 眠い | トップページ | 飯能市議が公選法違反で書類送検 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon