« ドラえもんを見に行った | トップページ | “巨大地震連発で被害総額100兆円超”に耐えられる? 財政破綻しかねない「スケール感なき防災対策」の罠 ――目黒公郎・東京大学教授インタビュー|次世代に引き継ぐ大震災の教訓|ダイヤモンド・オンライン »

高麗峠/日和田山ハイキング

雪も消えてきたので山が歩きたくなり、足慣らしに高麗峠を通って日和田山往復のコースを歩いてきた。

コース。行きは男坂、帰りは女坂を帰ってきた

出発前のマーブルさん。窓際でひなたぼっこ

飯能観光案内所に車を止めて歩き始める。宮沢湖のまわりはトレイルランの大会(第1回NATHANトレイルフルマラソン・チャンピオンシップin宮沢湖)をしていた。

順調に歩いて巾着田に、イヌフグリが綺麗だった。紅梅はまだ満開の感じではない。今年は春の訪れが遅い。


行きは男坂のさらに一本、奥の道を入り見晴らしの丘経由で男坂の丈夫に出て軽い岩登り。上の子は面白かったのか一度下って2回も登っていた。写真は見晴らしの丘にて

金比羅神社で昼食を食べる。ガスを忘れてしまってお湯を沸かせずスープが飲めなかった。反省

日和田山山頂


下りは女坂経由でほとんど休まず観光案内所まで歩いた。高麗峠の横に広場が整備されていて花見の時期には綺麗だろうなあ

« ドラえもんを見に行った | トップページ | “巨大地震連発で被害総額100兆円超”に耐えられる? 財政破綻しかねない「スケール感なき防災対策」の罠 ――目黒公郎・東京大学教授インタビュー|次世代に引き継ぐ大震災の教訓|ダイヤモンド・オンライン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高麗峠/日和田山ハイキング:

« ドラえもんを見に行った | トップページ | “巨大地震連発で被害総額100兆円超”に耐えられる? 財政破綻しかねない「スケール感なき防災対策」の罠 ――目黒公郎・東京大学教授インタビュー|次世代に引き継ぐ大震災の教訓|ダイヤモンド・オンライン »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon