« 今日は少し冬に戻った感じ | トップページ | 学童クラブの会の評議員会 »

東日本大震災から1年

うちの彼女は、朝から保育園のお別れ会。私は子どもたちと一緒に8時頃に起床して、片付け。子どもたちは午前中は散髪に送り出す。私は体調が今ひとつなので、ホットカーペットの上でごろごろしていた。

玄米を精米する予定だったことを思い出し精米に出かけ、その足で理髪店に子どもたちを迎えに行き、飯能市の復興イベントに、海鮮丼を食べに行こうとしたが、駐車場が空いておらず一度帰宅してから歩きで出かける。子どもたちを先に行かせたのだが、見付けることができずしばらく大変だった。


子どもたちを見付けて、小名浜どんぶり屋の列に並ぶ。途中、うちの彼女と合流。途中ご飯が無くなり結構盛況な様子。わが家のところでちょうどマグロ丼が売りきれ。何とかわが家は必要量を確保することができた。
Ca3a0249

かに汁
Ca3a0250

ネギトロ丼
Ca3a0251

マグロ丼
Ca3a0252

新鮮でなかなかおいしかった。子どもたちはうちの彼女が午後から友達が遊びに来るので、掃除をし先に帰る。


私はもう少し展示を見てから帰る。入間基地の部隊と、消防の埼玉県派遣隊の活動についてパネル展示があった。


夕方、18日あたり高尾山に行きたいなあと思いながら、ネットを見ていた。Ca3a0253


入間基地の展示を見ながら、あの時は政府の対策本部を通じて自衛隊に色々と助けてもらった事を、懐かしく思い出した。震災以降の活動は本当に大変だったろうと思う。

橋下大阪市長が憲法9条について、「他人が困っている時に、自分が嫌なことはやりませんよという価値観だ。 自己犠牲しないというのなら、僕は別の国に住もうかと思う」というが、被災者やそれ以外の地域の国民、地方・国家公務員(警察や自衛隊を含む)が発揮した自己犠牲の精神をどう見るのであろうか。憲法9条は国と国との関係において、戦争をしないという宣言であり(ちなみに、侵略があった場合の自衛措置は否定してしないと言うのが通説)、戦争が違法化がされた戦後世界秩序において当然の内容である。災害などがあった場合の自己犠牲の発揮とは別の問題である。

等と言うことを考えながら写真を見ていた。

« 今日は少し冬に戻った感じ | トップページ | 学童クラブの会の評議員会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から1年:

« 今日は少し冬に戻った感じ | トップページ | 学童クラブの会の評議員会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon