« 障害をお持ちのみなさんにふたたび苦しい思いをさせてはいけないと思う | トップページ | 大学生の仕送りは大幅減少 »

上の子どもが学校に行けくなりかけた

上の子どもが朝、トイレから出てこない。先週月曜日にも腹痛で学校を休んだばかりである。担任の先生に言われたことがショックで学校に行けなくなっている雰囲気。

2週間ほど前に卒業生を送る会に関して、うまくクラスをまとめられなくて「代表委員をやめる?」(先生曰く、やめろと言ったわけではない)と先生に言われたことがショックだったようだ。友達が「先生の言ったことは気にするなよ」と声をかけてくれるほどしょぼんとしていたらしい。

とりあえず薬を飲ませて、学校に遅れると連絡をして祖父に送ってもらった。学校に行ったら元気になり、むしろハイだったと言っていた。うちに帰ってもハイだったらしい。


うちの彼女が学校に、話があるが電話で良いか、あって直接お話しをした方がいいかと電話をしたところ、学校に行くことになった。一学期の事もあったので先生は怒らないように気をつけている。「やめる?」と聞いたのも、代表委員をやめろという趣旨ではなく、やめても良いよという趣旨だったとか。でも、本人がどう受け取ったかが問題なのでは。うちの彼女もそういう趣旨のことは言ったようだけど。ただ先生は、「怒っていないよ」と言うことは伝えて欲しいと言うことだったので、その通りにしたようだ。

しかし、なかなか気持ちが分からない先生である。一生懸命やっているのに、うまくいかない、そいういう時に「やめる」って聞くのはいかがなものかと思う。どういう風な気持ちだと言ったとしても、受け取る側は、きみ十分実力がないからやめた方が良いのではないかと言われたと感じるに違いないと思う。子どもは自信を打ち砕かれるよねと思ったのである。

ご自分の体験に引きつけたら少しは分かりそうなもんだけどね。

とりあえず上の子どもは、怒っていないという話を聞いて、だいぶ復活したようだ。来週はいけないなんて事にならないと良いなあ。

« 障害をお持ちのみなさんにふたたび苦しい思いをさせてはいけないと思う | トップページ | 大学生の仕送りは大幅減少 »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上の子どもが学校に行けくなりかけた:

« 障害をお持ちのみなさんにふたたび苦しい思いをさせてはいけないと思う | トップページ | 大学生の仕送りは大幅減少 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon