« 学童の夏祭り | トップページ | 子どもたちの宿題が大変 »

気象庁子どもデー

保育園の時のお友達と気象庁子どもデーにお出かけ。少し早めにつくかと思ったら、少し道に迷ったりして結局ついたのは開始時間の直後だった。

天気と地震/火山/津波の予報の現場の見学ツアーの整理券をもらって、それまでのの時間、色々と見て回った。

雲を作る実験とか、地震波のP波とS波の違いを視覚的に表した模型とかなどなどけっこう面白かった。渦が出来る原因は遠心力であることを示す実験など色々と興味深いものだった。意外だったのは上の子どもより下の子どもが一生懸命見て実験に加わっていたということ。女の子のお友達も来ていたのだが、雲を作る実験のブースで色々な説明に聞き入っていた。

後はクロマキーを使った模擬天気予報とか、南極の氷の展示とか、気象観測船の制服を着せてくれるとか、2時間ほど飽きずに色々と見て回ることが出来た。

クロマキー合成を使った模擬天気予報に望む上の子。

遠心力で渦を作る実験をしている下の子。

観測船の制服を着せてもらった上の子

同じく下の子。

見学ツアーの時間になったので集合場所に移動。まず最初は天気予報の現場から。奥のディスプレイに見ていているのはひまわりからの映像を可視化した雰囲気。雲の衛星写真かな?

ここでの質疑で下の子が質問。とんちんかんな質問をするかと心配していたが、台風の渦はどうして出来るのかというまともな中身。これにはちょっと驚いた。

同じく、地震/津波/火山の予報の現場。ここでも下の子が質疑の時に質問をしていた。中身は、火山の映像は何処で撮っているんですかというもの。実にまとも。ちょっと下の子を見た直したのである。

下の子の記念写真。はれるん看板に顔を突っ込んで楽しそう。かぶりものが好きだからなあ。

その後、お昼を飯田橋でスパゲッティなどを食す。車の運転の問題があり、私だけがノンアルコール。ちと寂しい気もする。大人はいっぱい飲んでいた。

帰りはレッドアローが取れたので楽しくおしゃべり。

サーティワンでアイスをたべ、保育園の夏祭りに。お友達も一緒に行ったので、子どもたちは楽しそう。

« 学童の夏祭り | トップページ | 子どもたちの宿題が大変 »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気象庁子どもデー:

« 学童の夏祭り | トップページ | 子どもたちの宿題が大変 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon