« やっと帰省(1) | トップページ | 同窓会 »

やっと帰省(2)

小黒川PAで仮眠をしたのは結局3時30分ほどまで。2時間ほど眠っただろうか。小牧JCTあたりでの渋滞が予想されたので早めに出発。しかし、あまりに眠いので30分ほど走ってどっかのPAでさらに仮眠。結局出発したのは17時ごろだった。

それでも順調に走り、小牧JCTの渋滞にはかからず進んだのだが、なんと岐阜羽島IC付近で事故があり、渋滞が発生していた。2kmほどというアナウンスだったのでたいしたことがないと思ったら全然進まない。羽島PAを使ってショートカットしているやつを横目で見ながら進む。途中1台、故障車を発見。雰囲気的にはオーバーヒートかな。渋滞の先頭まで行くと車線帰省をしていた。これではひどい渋滞になるはずだ。ここで1時間ほどロス。渋滞を抜けたのは8時ごろだった。

そこからは桂川PAまでは順調に進む。途中多賀SAによって朝食、ガソリン補給、道路情報をチェックしたが、大山崎JCTの辺りから宝塚まで抜けるのに4時間以上かかるという話。少しお金が無駄になるが、第二京阪と近畿道を抜けたら早いかなと思ったが吹田JCTをはさんで渋滞しているのであんまり意味がないという。あきらめて当初の予定通り名神を行くことに。

名神、中国道ではその後2件の事故を見、オーバーヒートと思しき数台の車をみた。やっぱりお盆で車が集中するとこうなるよね。他山の石と思って注意しなくちゃと思いながらハンドルを握る。

結局渋滞を抜けるのに5時間ほどかかってしまった。途中、子どもたちがトイレを我慢しきれず携帯用トイレを使うことになってしまった。あってよかったねとうちの彼女と話をしたのである。

渋滞を抜けて三木SAで昼食をとり山陽道を進む。相生あたりから前が見えないほどの夕立。さすがに周りの車も60kmほどに速度を落として進んでいた。

そして岡山ICで降りて自宅へ。途中白十字の支店によりシュークリームなどを食べ、締め切り堤防を越えて実家についた。しめて730kmほど走行。ただただ疲れたのである。

帰省の全ルート


より大きな地図で 2011年岡山への帰省ルート を表示

« やっと帰省(1) | トップページ | 同窓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと帰省(2):

« やっと帰省(1) | トップページ | 同窓会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon