« 「高杉さん家のおべんとう」を購入 | トップページ | 多摩動物公園に行く(2) »

多摩動物公園に行く(1)

朝、上の子どもが水筒をなくして大騒ぎ。前日、義父の畑に芋掘りに行ったのだが、その帰りにどこかにおいてきたのだ。探し回ったあげく、自転車のかごにおいてあった。一時は行かないと言い切ったのだが、結局40分ほど予定より遅れて出発。9時30分の開園時間にはつく予定だったのが10時10分ほどになってしまった。16号線が順調に流れていたので高速に乗らず下道をずっと走ったのだが1時間ほどで到着。途中ナビが住宅地へ入れと言ったので左折したら全然違うところに出て大変であった。

動物公園には着けたのだが、駐車場を入り損ねてちょっともたついてしまった。

入り口の案内板の前で上の子。


行く前から子どもたちには黙っていたが、多摩動物公園の動物をすべて見て回るおすすめコース5を歩くと決めていて、ウォッチングセンターで地図をもらって、ソデグロツルから見始めた。

ソデグロツルのところから下に降りる道で。

鹿を上から見る子どもたち


ニホンザルは一度見たのでさらっと見て昆虫館へ移動。いきなり猿たちがけんかをはじめてびっくりした。

下で見た山羊の一部がニホンザルの上のところにいた。オスかな。

昆虫館の前のバッタのオブジェにのった上の子。お約束である。

同じく下の子。

先に昆虫本館を見て回る。案内ボランティアの方からハキリありのはがきをもらう。下の子は案内ボランティアの方に人間を食べるありがいるんだよとしきりに軍隊ありのことを説明していた。昆虫本館の中でタガメとかゲンゴロウとか水生昆虫がいっぱい展示されていた。写真はタガメ。卵を産んだら雌は孵化までこんな風に見守るのだそうな。ゲンゴロウは東京都内では絶滅したとかいろいろと驚きの事実を知った。

昆虫本館の最後はグローワームというニュージーランドに生息する光るハエの幼虫を見たのだが、下の子は真っ黒だったので怖かったようだ。

チョウチョが乱舞する昆虫館に入る前に南西諸島の昆虫がいろいろと展示されていた。昆虫だけでなく蛇とかいろいろといた。

昆虫館の蝶

新しいカメラで蝶をHDで撮影した。少しは雰囲気が出るかな

もう一つの動画

バッタつりをやっていたので眺める子どもたち

バッタつりに興じる子どもたち。結局バッタはつれなかった。

ここで11時30分になり、屋根付きのテーブルが埋まらないうちに早めのお昼。お昼を取った東屋では鳩やカラスがいてお弁当のおこぼれを狙っていた。鳩は人間もあんまり気にせずに、落ちた食料を一生懸命ついばんでいた。小さな子どもが面白いのか鳩を追いかけていた。

« 「高杉さん家のおべんとう」を購入 | トップページ | 多摩動物公園に行く(2) »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩動物公園に行く(1):

« 「高杉さん家のおべんとう」を購入 | トップページ | 多摩動物公園に行く(2) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon