« 夜中にレスキュー隊の車とパトカーが結集 | トップページ | 「刑務所の中の中学校」を読了 »

都内でも外遊びを制限

朝、職場から興味深い話を聞くことができた。

その同僚は都内で保育所に子どもを通わせているのだが、保育園で子ども達が育てている作物(トマトとニガウリらしい)を子どもに食べさせていいのかということが大きな議論となっているそうな。園長に直訴した人がいるらしくて、収穫したものと別のものを用意して食べてもらうという話をしていたとか。ガイガーカウンターを入手して毎日いろいろなところに突撃して測定をしているらしい。

別の区の話だが公立保育所では外遊びは45分に制限されたとか。

パニックがいっそうひどくなっている。環境放射線の値を計測してホットスポットが無いか確かめる必要はあると思うのだが、元もとの環境放射線もふくめて結果的に年間1mSvを超えるか否かという程度の線量であれば、外遊びをしないとか、避難して友達と別れることのストレスの方が子どもの成長のリスクという観点では大きいと思う。

友達も言っていたが、トマトを食べさせてくれるなと言っているお友達はマクドナルドにはばんばん行っているんだとか。リスク評価が適切に行われていないなと感じるのである。しかし、この流れはとどめられないなあ。

« 夜中にレスキュー隊の車とパトカーが結集 | トップページ | 「刑務所の中の中学校」を読了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都内でも外遊びを制限:

« 夜中にレスキュー隊の車とパトカーが結集 | トップページ | 「刑務所の中の中学校」を読了 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon