« 高学年キャンプ | トップページ | 電力不足という外力で、人間らしい労働が実現できるかな »

大高山・天覚山へハイキング

上の子どもは高学年キャンプで山を歩いているが、これだけの天気に、なにもしないというものしゃくなので、家族で山に行くことにする。前から行きたいと思っていた飯能アルプスに行くことにする。今回は吾野〜大高山〜天覚山〜久須美峠〜武蔵横手というルートで歩くべく、9時22分東飯能駅発の電車に乗った。下の子どもには下りた先の武蔵横手駅には山羊がいるよ言って励ましながら吾野駅についた。

吾野駅を歩き始めたのは10時。登り口が少し分からなかったが、線路沿いを進んで駅裏の墓地の間から登る。

墓地の間に道標が見えた。ここからの登りはけっこう急。新緑がとても美しい、緑のトンネルといった風情の道が最後まで続いた。

急な上り坂が終わったら、自生している花がいっぱい咲いていた。

アップ。新緑ごしに降り注ぐ日差しが柔らかい。

前坂。ここは色々な所にいく峠道になっている。

途中で、叔父さんと一緒になり色々なことを教えてもらう。まむし草だそうな毒草だが、少量を薬として用いることがあるとか。

大高山の道標

大高山山頂からの景色

大高山からしばらく歩いて天覚山に。

ちょっと疲れ気味。この時点で13時30分ほどになっていた。16時30分に学童に上の子を迎えに行かないと行けなかったので、久須美峠まで歩くことはあきらめ、東吾野駅へエスケープ。


尾根沿いの道を下る。ザラ場となっていてけっこう滑る。下の子どもは足にだいぶきていて、力が入らないため危険なので一緒について下りる。

途中、ロープが掛かっているところもあった。この下りに至る時に尾根筋との分岐があったがまっすぐ進まず道をそれるのが正解。

杉花粉対策のためいっぱい新しい杉が植えられていた。


東吾野駅

武蔵横手駅の山羊。


今回のルートは結果的に距離が短かったせいか、影信山から高尾山のコースと比べると楽かな。下の子どもはヒーヒー言って大変だったが、新緑がとても綺麗でかつ木陰があるため非常に気持ちよかった。

全ての写真はこちら。ジオタグを書き込んだので、何処で撮ったのか分かるようにもなっている。

110515大高山・天覚山ハイキング

今回のコース。


今回はヤマレコも一生懸命書いた

« 高学年キャンプ | トップページ | 電力不足という外力で、人間らしい労働が実現できるかな »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大高山・天覚山へハイキング:

« 高学年キャンプ | トップページ | 電力不足という外力で、人間らしい労働が実現できるかな »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon