« 次のイベントの計画 | トップページ | 吸血鬼シリーズを久々に読む »

棒ノ嶺ハイキング

久々に棒ノ嶺に行くことにした。昨日は学童の新旧役員の懇親会で、朝起きるとかったるかったが前日から子どもに山行くぞと言った手前、行かないとも言えないので準備を始める。(昨日、実は酔っ払ってしまった方をお家まで送るのにとても苦労したので、単に飲んだと言うだけではない苦労があったのである。言うことをなかなか聞いてもらえないので1時間30分も外を放浪していたのである)

起床したのは7時40分頃、ご飯を食べて準備をして家を出発したのが8時50分頃。途中、原市場のバイゴーで買い物をして名栗湖へ。白谷沢のすぐ下の駐車場は満杯だったのでそこから1km程歩いたところにある、空き地に止めて白谷沢登山口まで歩いた。駐車場から歩き始めたのは9時50分頃だった。

白谷沢登山口に登る前に有馬の泉の前を通る。

沢に取り付くまでは、こんな感じの巻き道をしばらく登る。前日に雨が降ったので石が濡れているのと土も水を含んで滑りやすくなっていて危なかった。

沢に取り付く直前で一休み。上の子。

下の子。

ゴルジュの手前

まさにゴルジュの中かな。上の子。

ゴルジュの中を登っているところ。春先で水が少ないせいか、非常に登りやすかった。下のことうちの彼女。その後、孔雀の滝の鎖場を通り抜けるところは、子どもたちのサポートで余裕が無く写真が撮れなかった。

孔雀の滝などを通り過ぎて林道の東屋で腹ごしらえ。少し早めの昼食。下の子とうちの彼女。

同じ場所で上の子。変な顔。

林道から60mほど階段などを上って、山腹につけられた岩茸石までの道を進む。岩茸石からゴンジリ峠まで120mほどの登り。けっこう急な上、木の階段が長く続くので歩きにくい道である。


ゴンジリ峠(権次入峠)で一休み。下の子とうちの彼女


上の子

ゴンジリ峠から眺めた名栗湖

ゴンジリ峠からはなだらかな尾根道を歩き、最後は40mほどの木の階段である。この階段も土の流出や老朽化によって階段そのものが壊れているなどとても歩きにくい。写っているのは下の子。

上の子はだいぶ先行してもうすぐ山頂と言うところまで行っている。下の子はヒーヒー言いながらなかなか歩けない。

棒ノ嶺山頂で一休み

棒ノ嶺山頂からの眺め。湖面は名栗湖。伊豆が岳など綺麗に見えた。

お約束の頂上票の前で

棒ノ嶺山頂は非常に広く、椅子や机もあるのでしばらく過ごしたいのだがおにぎりなどを食ってすぐに移動する。子どもたちとうちの彼女。とても見晴らしも良くスケール感がある登っていて気持ちよい山である。

棒ノ嶺山頂からゴンジリ峠までの尾根道はこんな感じ。棒ノ嶺から階段を下りてしばらく歩いたところの写真。

再度、ゴンジリ峠の頂上票の前で、家の子どもたち

林道から孔雀の滝まではこんな道を進む。

孔雀の滝の下りは、今回ひどく岩が濡れていたので、非常に気を遣った。子どもたちは前から下りようとするので、滑りやすいから後ろ向きで立って下りろと教えるのだが、怖いのかなかなか実践できない。

孔雀の滝やゴルジュを抜けた辺りで。新緑がすごく綺麗だった。うちの彼女は転んでしまい、足に打ち身を作ってしまった。しかしこの時間(14時30分頃)にも下から登ってくる人がいるのはびっくり。大人はまだしも幼児を連れたご夫婦もいて大丈夫だろうかと人ごとながら心配になってしまった

白谷沢に着いたのは15時15分頃。結局林道の辺りから1時間20分ほどほとんど休むことなく歩き続きけた。時間は5時間30分ほどかかった計算。4時間強が標準的なコースタイムなので子どもが歩いたと言うことをかんがえればまずまずの成績だろうか(休み時間もしっかり取ったし。)。私や下の子などもっとトレーニングが必要だと思った次第。

やませみに寄り少しお土産を購入し、原市場のセブンイレブンでアイスクリームを購入。みんなで食べて家まで帰ったのである。、

今回の全行程。

ヤマレコでも記録を書いているので良ければどうぞ

« 次のイベントの計画 | トップページ | 吸血鬼シリーズを久々に読む »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棒ノ嶺ハイキング:

« 次のイベントの計画 | トップページ | 吸血鬼シリーズを久々に読む »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon