« 上の子が学校を休んだ | トップページ | 一日無事に過ごせたようだ »

日本のPC普及率が60%で頭打ちになっているのは何故だろう

日本のPC普及率が60%程度というのは知っていたが、頭打ちの傾向があるというのは知らなかった。同時に、他の先進国がほぼ例外なく普及率100%に近づいていく傾向にあり、そこに日本の特異性があるというのは驚きだった。

その理由を良く検証する必要があると思うが、うちの家族を見ていると自宅ではプライベートのものもふくめて文書を作らないとか、「手紙は手書き」というこだわりがあるためかと思う。

一方で、生産性の向上につながる機械に小さな頃から触れられないという環境に相当な家庭があるというのは、別の問題を惹起しかねないかなと思う。PCの無い職場は現在ではほとんど無い。小さい頃から身近にあり、慣れ親しむ環境が普遍的に必要では無いかと思う。

リンク: 【元麻布春男の週刊PCホットライン】 低価格化が進まない日本のPC事情.

この図3は、ノートPC普及の先進エリアである北米、西ヨーロッパ、日本について、ノートPCの価格と普及率を抜き出したものだ。北米と西ヨーロッパでは、価格が低下するにしたがって、普及率が100%に近づいていくのに対し、日本は60%の直前で足踏み状態となる。日本を示す青いドットが、グラフの右上になるに従って、プロットされる間隔が縮まり、頭打ちになる様子が見て取れる。

 図1にあるように、日本の人口は1億2,700万人で、北米の3分の1強、西ヨーロッパの3割程度にとどまる。その上、普及率のピークが60%程度で頭打ちになる傾向を合わせると、市場規模は人口比以上に小さいことになる。これが、日本のノートPC価格が北米や西ヨーロッパに逆転された理由の1つになっているのではないかと推測される。

 日本が少子高齢化傾向にあり、人口が純減に転じると予想されていることを考えると、日本のPC市場は、今後さらに縮小することになる。2014年にアジア太平洋地区の先進国の方が安価にノートPCを購入可能になるのも、頷ける話だ。

 図4は、図3にヨーロッパ諸国の普及率を追加したものだが、普及率が60%で頭打ちになる国は、日本以外ほとんどない。現時点で日本より普及率が低いのはチェコ、スペイン、ポルトガル、ギリシャといった国々だが、日本のように60%手前であからさまな頭打ちになっている様子ではない。言い替えれば、これらの国の普及率は、今後、上昇することが期待される(特に、現状ではまだまだPCの価格が高いチェコ)。

 どうして日本ではPCの普及が60%を越えて進まないのか。その理由が価格ではないことは明らかだ。北米や西ヨーロッパに逆転されたとはいえ、日本のPC価格は週給に対して十分に安価である。また、わが国のインターネット普及率は高く、帯域も広い。地方と都市部の格差がないとは言わないが、同じことは日本以外の国にも当てはまる。通信環境がPCの普及を阻害する要因になっているとも思いにくい。。

とりあえず上の子は元気に学校に行ったようでほっとした。でも気持ち悪くてあんまりご飯を食べることができなかった。今後どうなるかなあ。

« 上の子が学校を休んだ | トップページ | 一日無事に過ごせたようだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のPC普及率が60%で頭打ちになっているのは何故だろう:

« 上の子が学校を休んだ | トップページ | 一日無事に過ごせたようだ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon