« 夏祭りを自粛? | トップページ | 先週のNHKスペシャルを見る »

自粛ムードを吹っ飛ばせ

一昨日は大阪から友人が来ていて夕食をいただいた。ついでにお土産もいただいた。話題の一つは自粛ムードで各地で大変という話。夏に群馬で1万人規模の研究集会を開く予定だったある団体の職員さんも一緒だったが、福島第一原発の事態もあり停電も予想されるので、やって良いものかという議論が出ているとのこと。でも宿泊業界や集会会場は助かるよねということで一致。別の団体は山形でこれまたたくさん人を集めてやる研究集会を予定してるらしいが同じような意見が出ているという。

しかし、買い占めとか復興に逆行するようなことはともかく、しっかりお金を使って経済活性化をしなければなるまい。ただでさえ計画停電で経済活動が停滞しているのに、これ以上経済を停滞させてどうするのだろうか。

と思っていたら中央区などで自粛の見直しの動きがあるという。でも復興イベントと銘打って売り上げの一部を義援金に回すなど工夫してやった方が良いと思うのである。

 「何もかも自粛していては活力が損なわれる」。桜の下にシートを広げて食事や酒を楽しむ人々からはそんな声が聞かれ、宴会自粛を求める看板を撤去する公園も出てきた。商店街などでは、桜まつりを復興イベントに切り替えて実施する動きが広がりつつある。

リンク: 花見自粛ムード、見直しの動き : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).


それから昨日の夜中の地震にはびっくりした。揺れている時間が長かったので、すわ東海地震かと思ったが早とちり。それでもM7.4の地震は阪神淡路大震災クラスの大きな地震。停電地域が増えるなど結構な影響が出たようだ。


財務官僚の出世と人事 (文春新書)
岸 宣仁
4166607650

財務官僚の一番の関心は人事だという。他の官僚もそうなんだろうか

リンク: 花見自粛ムード、見直しの動き : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).


  桜が満開となり、花見を自粛するムードが漂っていた東京の桜の名所は7日、大勢の人でにぎわった。

 「何もかも自粛していては活力が損なわれる」。桜の下にシートを広げて食事や酒を楽しむ人々からはそんな声が聞かれ、宴会自粛を求める看板を撤去する公園も出てきた。商店街などでは、桜まつりを復興イベントに切り替えて実施する動きが広がりつつある。

 ◆昼の宴会

 春の陽気に包まれたこの日、ソメイヨシノが満開となった上野公園(東京都台東区)では大勢の花見客が詰めかけ、桜をカメラに収めていた。食事を楽しむ人々も多く、酒を酌み交わすグループもあちこちで見られた。

 昼頃、同僚3人と日本酒や缶ビールを飲んでいた川崎市の会社員(58)は「バカ騒ぎはすべきではないが、花見を楽しむのは構わないと思う。全部自粛では日本の経済がダメになる」。埼玉県富士見市の会社員(35)は「本当は夜までやるつもりだったけど、昼の宴会だけにした」と、仲間たちと酒を楽しんでいた。

 井の頭公園では、園内に設置した宴会自粛を求める看板が撤去され、アナウンスでの自粛要請もやめた。公園を管理する都西部公園緑地事務所は、「報道などを通じて(自粛を求めた趣旨が)周知できたと判断した」としており、方針を撤回したものではないと説明している。

 中央区も区内11か所の公園に設置した宴会自粛を求める看板を撤去し、花見の際はマナーを守るよう求める看板に切り替えた。区水とみどりの課によると、「世論も変わってきた」として区長の指示で方針を変更したという。

 ◆支援活動

 「サザエさん通り」で知られる桜新町商店街(世田谷区)は多くの模擬店でにぎわう「さくらまつり」を予定していた10日、復興支援イベントを開く。商店街振興組合の高橋秀樹副理事長(51)は「自粛するだけでは何も生まれない」と話す。

 地元在住の歌手水前寺清子さん、漫画家やくみつるさんが「防災トークショー」を開き、消防署や警察署が参加して震災対策を学ぶほか、サザエさんに登場する「穴子さん」の着ぐるみによる募金やチャリティーバザーなども行う。

 オペラやクラシックコンサートが次々に中止となった東京文化会館(台東区)は、東京音楽コンクール入賞者の演奏を500円で聴けるモーニングコンサートや、都交響楽団の定期演奏会などの再開を決め、会場で義援金を募る。担当者は「芸術活動は人々を力づける。被災地支援にもつながれば」と話している。

 ◆屋形船で義援金

 震災後、8~9割の予約がキャンセルとなった東京屋形船連合会(同区)は9~10日、船上から隅田川の桜を楽しむ無料イベントを企画している。乗船料の代わりに義援金を募る。

 「花見を自粛する気持ちも分かるが、あまり控えられるのは経済にも影響する。屋形船事業者も本当に困っている」と同連合会。「せっかく咲いた奇麗な桜を楽しんでもらい、お客様も被災地も元気になって」

(2011年4月8日09時47分 読売新聞)

« 夏祭りを自粛? | トップページ | 先週のNHKスペシャルを見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自粛ムードを吹っ飛ばせ:

« 夏祭りを自粛? | トップページ | 先週のNHKスペシャルを見る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon