« 学童の高学年遠足 | トップページ | 週末の登山計画 »

大嘘とは言わないが

福島第1原発に関連してネットの上で好きなことを話をしている人が多い。正しい話と間違った話が混在しているので困ってしまう。中部大学のある先生のブログを読んだが、正しい話をしている部分もあるのだが、全体として正確でない知識にもとづいて煽っていると言われてもしかたがない文章である。

核種毎の放射能量を公表していないことを問題にしつつ、しばらくすれば放射線の量が下がるからしばらくの間我慢することが大切といってみたり。どうも整合性が無いように感ずる。出来るだけ被爆を避けると言うのは正しいと思うが、放射性物質による汚染がセシウムだったら少なくとも数百年我慢しなくちゃいけないんだけどと言いたい。

あと言っていることが正しいかどうかは別の話だが、震災前は原子力安全委員会専門部会で原発は安全だと何度も強調しながら震災後は、震災前から原発は安全で無いと考えていたかのようにいうやり方はいかがなものかという気がする。

« 学童の高学年遠足 | トップページ | 週末の登山計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大嘘とは言わないが:

« 学童の高学年遠足 | トップページ | 週末の登山計画 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon