« GWの計画 | トップページ | 学童の高学年遠足 »

google earthで時系列に福島第1原発を見た

福島第1原発の事故がINESレベル7ということが、ここ2〜3日大きな話題になっている。チェルノブイリと違って急性障害が出ていないので同列に扱えないとか、チェルノブイリは放射性物質の放出は10日程度で治まったのに福島第1原発はそうではないからやっぱりレベル7相当だとか色々な議論がされている。

放射性物質の放出量などから考えると原子炉が冷温停止状態になる見通しが立っておらず今後も放射性物質を放出する可能性があるということ、同時に複数の原子炉が電源喪失し、冷却材喪失事故を引き起こしていると言うことなどを考えればレベル7という他しかないのではないかと思う。

ところで、google earthがバージョンアップしていると嫌だなと思って起動してバージョンチェックしている間、被災地をチェックしていた(3月11日以降に撮影した写真に差し替えているのは知っていたので)らgoogle earthは過去の衛星写真も見ることができることに気がついた。

それで福島第1原発の写真を時系列で見ていて(3月12日以降は19日まで日替わりで更新されていた)、ちょっと気になることが一つ。3号機のタービン建屋に穴が開いているように見える。相当でかい爆発だったんだろうなと不安をかき立てる。原子炉や格納容器の健全性はどの程度確保されているんだろうかと改めて心配になる。

閑話休題

福島第1原発の敷地も含めて長期的に管理が必要な地域が相当出てくることは疑いない。強制移住と言うわけにも行かないだろう。一方で福島第1原発の管理という不可欠な仕事もある。本当に難しい問題を抱えてしまった。日本のように地震のハイリスク地域にこれだけ原発が集中しているという問題を改めて考えなければいけない。

« GWの計画 | トップページ | 学童の高学年遠足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: google earthで時系列に福島第1原発を見た:

« GWの計画 | トップページ | 学童の高学年遠足 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon