« 地震4ー出勤難民 | トップページ | 地震−6 やっと出勤 »

地震−5 明日は出勤できそう

西武が朝から飯能ー池袋間を運行することを決めた。しかし帰るのは10時30分過ぎになる。これは結構つらいかも。しばらくこの調子と思われるので、色々と遣り繰りをしなければ。

うちの彼女が家族の事が書かれていないというので一言。二階で寝るのが怖くなり、家族全員一階で寝ている。子どもたちも大きな地震というのはショックだったようで、下の子はしきりに大きな地震があったんだよと繰り返していた。しばらくお弁当の日が続くなど結構大変な日が続く。生鮮品の購入も大変だし、どうなるんだろうか。

友人の家は、生協で頼んでおいたコメがこなくて今日の夕食は子どもたちだけがご飯、夫婦はうどんと大変だったらしい。お米屋さんは流通さえ何とかなればコメはあるといっているようだが、この混乱はいつまで続くのだろうか。

福島第1原発の様子が気になるが、どんどんひどくなっていくのでニュースを見るのがつらくなってきてしまった。1号機は70%程度が溶融、2号機は30%程度。1〜3号機は状態を十分コントロール出来ておらずいつ破滅的な状態になってもおかしくない状態。今度は4号機の燃料プールが外部電源喪失のため空だき状態だという。集合体の間が十分取られているのですぐに再臨界ということは無いと思うけど、溶けてしまうと再臨界の可能性も否定できない。外部電源喪失が原因というなら、被災地の電源を遅らせてもこちらの電源を復活させることを優先すべきでは無かったのかと思う。

一つの原子炉に装荷されている燃料に閉じ込められている放射性廃棄物の量は広島型原発の数百倍から数千倍である。原子炉・格納容器の閉じ込め機能が喪失して放射性廃棄物が大気中に放出されるような事態がおこればその近隣には人が住めなくなる。チェルノブイリのときは半径30km内の居住が禁止された。これほどの被害を生み出す災害を防ぐことほど優先されなくてはならない。

また被曝線量の上昇が伝えられているが、政府はたいしたことが無いと主張している。一人の人間がうけてもほとんど影響がない線量でも、たくさんの人が浴びると公衆衛生上無視できない問題となる。集団の発がんリスクが上昇するだけでなく、次世代の子どもたちへの影響など心配な点がいっぱい出てくる。

本当にどうなるのだろうか

« 地震4ー出勤難民 | トップページ | 地震−6 やっと出勤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震−5 明日は出勤できそう:

« 地震4ー出勤難民 | トップページ | 地震−6 やっと出勤 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon