« 日曜は高麗峠から巾着田、日和田山ハイキング | トップページ | 街の新陳代謝 »

バタバタして一日が終わってしまった

上の子は再び体調が下り坂なので休ませることにした。熱は内容だが顔が真っ赤。下の子も咳がひどく食欲が今ひとつ。これは調子が悪くなるシグナル。

今日は午前中は原稿書き。午後は会議。何かバタバタしていた。

早めに帰り、子どもたちに少し色々な話をしたら、明日誕生日だねという話になりお祝いの話になったが、明日は早く帰れそうに無いのでお祝いの会は延期をしてもらうことにした。子どもたちはお菓子を食べることが出来ると思っていたようで苦情が出た。

今日、広報がまわってきてその中に議会便りが入っていた。飯能は財政が珍しく黒字の自治体なのに下水道料金は引き上げる、医療費助成の延長はしない、国ではじまった予防接種事業の予算化には前向きでないなどなど市民生活の向上には非常に冷たい。一方で何十年か前に計画が休眠状態となっている土地計画道路計画(拡幅)を再始動させて新築もふくめていっぱい道路脇に道が並んでいて事業終了年度の目処が全く立たず膨大な費用を必要とする事業を推し進めようとしている。典型的な無駄遣い公共事業だと言って良いと私は思う。

子育てするなら飯能でと言っている現姿勢の元での話であり、子育て重視というのはかけ声だけかいと思う。

しかし、地方分権で子育て支援は地方の責任と判断でと言う新システムの検討が進められているが、自民党政治(いうなれば公共事業優先の利権政治)を体現する首長がまだまだ多い中で地方に権限を移してしまえばどうなるか空恐ろしい。道を作るのに忙しくて子育ての優先順位はどんどん下がってしまいそうで。まあそうなれば子育て世代は住めないので人口がどんどん減って間違いに気付くだろうが、そうなってしまえば戻すのは大変。それが民度の反映と言えばそれまでだが、それじゃああまりに悲しいではないか。

地方政治の時代というが、どの地方でも地域振興策は同じようなことを中央政府の打ち出した方針通りにやっている。そこを変えることこそ地方分権だと思うが、どうも右へならえばっかりで。人口縮小時代の町づくりを積極的に提唱している人も出てくるようになったが、そのためにはしっかりした議論が大切なのだが、そういうことにはあまり熱心でない人が多い。これではますます地方(飯能)は衰退していくのでは無かろうか。

« 日曜は高麗峠から巾着田、日和田山ハイキング | トップページ | 街の新陳代謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタバタして一日が終わってしまった:

« 日曜は高麗峠から巾着田、日和田山ハイキング | トップページ | 街の新陳代謝 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon