« 小諸への旅 | トップページ | 花粉が飛び始めているのかな »

多峰主山(とうのすやま)ハイキング

日曜日は起床は遅かったのだが、うちの彼女の強い主張もあり多峰主山に出かけることに。出かける前に私が仕事を思い出しメモを作っていたので出かけられず、結局子どもたちが先に出ることに。途中、車で拾うことにしていたのだが、間に合わず子どもたちは結局中央公園に着いてしまった。

追っかけ中央公園に向かったら市民会館のイベントのため市民会館利用者以外は使用禁止とか。最近、こういうことが多いが森林観光都市を標榜し、観光で売り出そうとしているのに紅葉の時期、能仁寺という一番の観光地の側に駐車場が無いとは何事だろうか。何とかして欲しいものである。

結局、飯能市観光案内所の側に車を駐めて天覧山入りから多峰主山に向かうことにする。観光案内所によってラスクなど購入。天覧入りの谷津田で天多の会の方とおぼしき方が作業をしていた。

歩き始めから結構ヒーヒー言っていたが、叱咤激励をして歩かせる。

多峰主山の直下の石段を登っていたら、鎖を発見。子ども用と明記されているように危険でも無いところにつけられていたので驚く。石段が少しなだらかになっているので、子どもの安全確保のためつけられたのかな。

非常に良い天気で非常に広い範囲が見渡せた。雲一つ無い天気で歩いていて非常に気持ちが良かった。

頂上でくつろぐ上の子

同じく下の子。

あんまり自分の写真がないので、一度くらいは登頂記念。ちょっと今ひとつ。

頂上でおにぎりとどん兵衛のお昼をいただき、ご飯が食べ終わったらすぐ移動。登りはじめたのが1時ごろだったので日が傾かないうちに下に着きたかったのだ。

頂上票。3時ごろになるとどうしてもガスが出てしまう。

雨乞いの池。子どもたちは金魚がいるはずだと一生懸命探していた。魚は寒いのかじっとしていた。

観光案内所の案内があったので、通った事は無かったが、道標の方向に。

武蔵丘車両検収場の裏に出てきた。

その後、子どもたちはクリスマスのリース用にダイソーで買い物をしていた。時間がかかったのでガソリンスタンドで洗車。

その後、うちに帰って少し本を読んで疲れたのか寝てしまった。

うちの彼女と話し合って、健康作りのために月に一度は山に登ろうという話になる。10月以降、月に一回は歩いているので、来月もどこか計画しなくては。

多峰主山も長いコースを作ることが出来るようなので、ちょっとした縦走気分を味わうのにはちょうどいい山かもしれない。冬の間は高い山に登るのは冒険なのでちょうど良い。

« 小諸への旅 | トップページ | 花粉が飛び始めているのかな »

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多峰主山(とうのすやま)ハイキング:

« 小諸への旅 | トップページ | 花粉が飛び始めているのかな »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon