« 保育園と子供手当て | トップページ | 年功序列型賃金の意味 »

「役に立たないことの意味」ーー人類文化を豊かにするんだけどなあ

ヨーロッパでは役に立たないことが尊敬されるが、日本ではそうでもないと言う話。

大学院にいたとき学生さんと学ぶことの意味という議論をしていて「社会に直接役に立たない学問もあるが、そういうのも大切なんだ」という話をしたのだが、「どう役に立つのか考えて欲しい」みたいな話をされて困った記憶がある。
(問題を解決するための数学的手法は役に立つかもしれないなあとか、加速器を作る技術は波及しているなとか考えたような記憶がある)

この年になって役に立たない教養って大切だなと思うのだが、もっと長期的かつ大きな視点でものを考えられる余裕が必要だなと


リンク: 役に立たないことの意味|和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」.

« 保育園と子供手当て | トップページ | 年功序列型賃金の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 保育園と子供手当て | トップページ | 年功序列型賃金の意味 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon