« 昨日はワイルドワンの定休日だった | トップページ | 義父の畑は大豊作 »

日本のサラリーマンの「小遣い」は世界最低になった

今週の週刊ポストの記事。

一番のポイントは「お小遣い」が大幅に減っていることだろう。ボーナスの平均は増えているが、ボーナスから支給される「お小遣い」の平均額は減っているとのこと(DIY生命、2010年夏のボーナスと家計の実態調査)。

一つは勤労者家庭の間でも格差が広がっているということ、もう一つはボーナスが増えても将来に備えているという両方の問題が考えられる。ポストは「お小遣い」の現象が消費不況の一つの要因という論を立てているが、全家庭の収入の底上げがないと「お小遣い」も増えないだろう。

森卓郎氏は消費税増税になれば更に、「お小遣い」が減少しかねないと指摘している。98年に消費税が上がったときも「お小遣いが激減」しているそうな。

木曜からワイルドワンが夏用品のセールをやっているようなので買いに行こうかな。靴も買わなくちゃ。で、日曜日は御嶽山あたりで山歩きだ!

少し気になった数字をメモ。

男性の毎月のお小遣い額と年収に占める割合
日本4.0万円8%
中国3.5万円35%
アメリカ8.0万円12%
イギリス6.5万円19%
イタリア3.5万円14%
(男性の消費に関する調査、クロスマーケティング社と山田昌弘氏)

サラリーマンのへ金お小遣い額の推移
1990年(ピーク) 7万6000円
2010年      4万6000円

« 昨日はワイルドワンの定休日だった | トップページ | 義父の畑は大豊作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のサラリーマンの「小遣い」は世界最低になった:

« 昨日はワイルドワンの定休日だった | トップページ | 義父の畑は大豊作 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon