« 年功序列型賃金の意味 | トップページ | Nehalem iMac登場!!! »

年金世代の大いなる勘違い: EU労働法政策雑記帳


年金世代はそう思っていないんです。この金は、俺たちが若い頃に預けた金じゃ、預けた金を返してもらっとるんじゃから、現役世代に感謝するいわれなんぞないわい、と、まあ、そういう風に思っているんです。
自分が今受け取っている年金を社会保障だと思っていないんです。
まるで民間銀行に預けた金を受け取っているかのように思っているんです。
だから、年金生活しながら、平然と「小さな政府」万歳とか言っていられるんでしょう。
自分の生計がもっぱら「大きな政府」のおかげで成り立っているなんて、これっぽっちも思っていないので、「近ごろの若い連中」にお金を渡すような「大きな政府」は無駄じゃ無駄じゃ、と思うわけですね。

確かにそうかもしれない。街の声を聞いていても、ばらまき(=多くは子ども手当のこと)で結局子や孫の世代に借金を残すのは嫌だとのたまう人が実に多い。でも、国の借金の中で大きい比重は年金や医療への支出に必要な財源を捻出するためであると言うことを知らない人が多い。また、現在の借金の相当部分は現在の年金世代やまさに年金を受給しようとしている世代が利益を得た公共事業によってできたものという事も蚊帳の外なのだろう。

社会や政治を見るにあたって正確な理解をは必要だと思うのだけど。単純化して正確に物事を伝えないマスコミも悪いと思うんだが。

リンク: 年金世代の大いなる勘違い: EU労働法政策雑記帳.

« 年功序列型賃金の意味 | トップページ | Nehalem iMac登場!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金世代の大いなる勘違い: EU労働法政策雑記帳:

« 年功序列型賃金の意味 | トップページ | Nehalem iMac登場!!! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon