« 学童の遠足 | トップページ | 下の子どもの幼さが気になる »

上智大学教員がボーナスを削って奨学金

上智大学がボーナスを削って給付制の奨学金を作った。大変な学生を自ら削って支援することはすばらしい。高等教育を受けることが低所得層はもちろん、中間所得層にとっても大変になってきている。こういう学校の努力だけでなく公的支援を抜本的に強化して欲しい。


リンク: 上智大:教職員が窮乏学生支援 ボーナス減らし奨学金創設 - 毎日jp(毎日新聞).

上智大:教職員が窮乏学生支援 ボーナス減らし奨学金創設

 経済的に苦しい学生を支援するため、上智大学(東京都千代田区)は昨年末の教職員ボーナス予算3000万円をカットして、来年度から特別奨学金を創設すると発表した。各大学は不況対策で奨学金を拡充する傾向にあるが、ボーナス予算から捻出(ねんしゅつ)したのは異例。

 上智大企画広報グループによると、ボーナスカットの対象は、同じ学校法人が運営する上智短大、上智社会福祉専門学校を含めた教職員計約810人。1人平均約3万7000円が減った計算になるが、教職員組合とも合意したという。

 捻出した予算3000万円は3年分の奨学金に充て、来年度から毎年1000万円を特別奨学金として計上する。現在検討している基準で経済的に困難と認めたグループ3校の学生計100人に1人10万円を給付し、12年度まで続ける。返済の必要はない。

 大学企画広報グループは「自分のボーナスが減るので教職員にはいろいろな意見があったと思うが、建学の理念であるキリスト教の他者愛精神が具体化した奨学金になった」と話している。【井崎憲】


« 学童の遠足 | トップページ | 下の子どもの幼さが気になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上智大学教員がボーナスを削って奨学金:

« 学童の遠足 | トップページ | 下の子どもの幼さが気になる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon