« 読書記録 | トップページ | 筋肉痛である »

学童の餅つき

朝から、学童の餅つき大会。

金曜は六時ごろから準備のスタートの予定だったが、仕事が終わらず定刻まで職場にいたため7時30分頃学童についた。豚汁は既に完成していた。豚汁の豚肉を購入するのが私の役目だったのだが、豚汁づくりをする日を間違っていて、慌ててうちの彼女に買い出しに行ってもらった。

8時30分に集合し、餅米を蒸し始め。最初は実行委員で一臼。私はもっぱら合いの手役。

その後、高学年だけ、高学年を含めた男女の班の順番で子どもたちが続いた。子どもたちに最初のつぶしのところからやらせた。合いの手役もけっこう疲れるので、子どもたちにもやらせてみたが、結構上手にやるもんだ。餅のつき具合や水分の調整は私がやったのだが。

今回、水の調整は手水で調整するのではなく、つき上がったお餅にお湯を直接かけて水分を調整した。冷えてもお餅は柔らかかったので、まあ間違っていなかったとホッとした。

合いの手も含めて子どもたちに相当やらせたのだが、それでも結構疲れてしまう。うちに帰ったら夕方まで寝てしまった。

« 読書記録 | トップページ | 筋肉痛である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学童の餅つき:

« 読書記録 | トップページ | 筋肉痛である »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ajax amazon